HOME >> CEL通訳ガイドコースの特長

初めて通訳案内士(ガイド)試験を受ける方に最適な
パーフェクトプラン」は、合格に必要な要素を網羅したオールインワン
のおまかせプランです。
まとめて複数のコースをお申込みいただくことにより、受講料が大幅に
割引かれます。最短合格を目指される方への決定版!

※必要な科目のみ受講することも可能

2006年度の試験システム改正により、受験科目が限定される方も増えています(部分合格者や・再受験者)。CELでは、1コースの単科受講はもとより、必要なコースを複数組み合わせて受講していただけ、本当に必要なものを無駄なくお選びいただけます。

お忙しい方も安心
イメージ図

CELでは1年間を3つの期から,構成しています。ご都合にあわせ、1期からご受講可能。受講スタイルも期ごとに通学/通信受講から選べるので、無理なく学習を継続していただけます。
※通信受講には、CD、CD-ROM、インターネット受講の3種類をご用意。
※インターネット受講は、通学生を含め全受講生が無料でご利用いただけます。
※通学受講生が授業を欠席した場合、以下の3つの形態で補講が可能です。
1)クラスの振替受講 2)CD/CD-ROMレンタル 3)インターネット受講
※週2回の授業を受講する場合、通学と通信を組み合わせることも可能です。

高い合格率

通訳案内士(ガイド)試験においてもCEL受講生は、例年全国平均の約2倍という抜群の合格率を達成しております。
試験合格率一覧詳細はこちら>>

CEL受講生の高合格率の秘密は・・・

■ 優れた教材を使ったから
教材は量や種類が多ければ良いというものではありません。受験準備期間内ですべてマスターできるようにするには、確かな情報を効率良く、学習しやすいように提供することが大切です。CELの教材は、「中身が濃く」、「無駄が全くない」ために、量はさほど多くありません。これが、受講者が安心して学習できる最大の秘訣です。

■ 英語力を伸ばす勉強をしたから
受験テクニックに頼らない、英語力そのものを伸ばす教育
大学入試の対策で見られる丸暗記や受験英語テクニックは、現段階の英語力に比して、より高い点数を取るための手法です。通訳ガイド試験でも、この手法が得点の増加に一部貢献するものの、より高い英語力の達成という根本問題の解決には至らず、結局は合格ラインに到達できないという現実があります。その原因は、丸暗記した内容が学習者の英語実力に合致していないため応用が効かないことや、受験英語テクニックによる構文解析ができても、英文の意味自体の解釈が足りないことや読解量の不足などから、答案が逐語的で不自然な日本文や英文になってしまうことなどが挙げられます。
ネイティブ同様のインプット&アウトプット
CEL教育メソッドでは、英文をネイティブ同様、英語の語順どおり意味優先でインプットし、英語的発想に基づいて意味優先でアウトプットできる力が身に付きます。そのため学習者には、読解の力が即、リスニング力に、英作文の力が即、会話力に生かされるという大きな利点が生まれ、短期間で大幅な英語力の向上が可能です。

■ 学習が楽しかったから
『楽しく』『面白く』『ためになる』授業や教材を提供
日本のことを学び、それを外国語で紹介するための学習は楽しいものです。ところが、試験で点数を取ることのみにとらわれると、本来の学習の目的や自分が達成したい英語力などが見えなくなります。CELでは、「日本を自分の英語で伝えたい」という学習動機の原点に立ち、単なる受験勉強に留まらない「楽しく」「面白く」「ためになる」授業や教材を提供しております。そのことが、より高い学習効果を生み、CEL受講生の高い合格率の理由ともなっています。
CEL受講生の生の声をご覧ください。
実際の当校の通訳ガイドコースで学習し、見事通訳案内士(ガイド)試験に合格された皆さん《喜びの声》をご覧いただけます。こちらから>>