HOME >> 通訳案内士試験とは?
2010年受験対策プランコース

報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をするための国家資格。
試験は環境庁長官が実施し、合格者は、都道府県知事の免許を受ける。
試験語学には英語のほか、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、
ロシア語、韓国語、2006年度から加わったタイ語がある。
年齢、性別、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験できる。
試験時期  ・1次試験→8月末〜9月初 ・2次試験→11月末〜12月初(英語)

第1次試験の過去問題と解答例を見る>>
第2次試験の最新レポートを見る>>

通訳案内士(ガイド)試験(英語)の最大の難関は第1次試験

通訳案内士 (ガイド)試験は2004年度に改訂され、それ以前の第1次試験(外国語)と第3次試験(日本地理・日本歴史・一般常識)が同日の午前・午後に行われることになりました。
したがって、2006年以降、1次試験は、(1) 外国語(筆記試験)、(2) 日本地理(マークシート)、
(3) 日本歴史(マークシート)、(4) 一般常識(マークシート)の4科目から構成されるようになりました。(1)は外国語と日本語のバイリンガル試験、(2)〜(4)は日本語による試験です。

(注)2013年度より受験外国語『英語』に限り、一部マークシート方式を導入予定。

第2次試験はこれまでと変わりなく外国語による面接試験ですが、第2次試験の合格をもってガイド試験合格となります。さらに、2005年6月には改正通訳案内業法が成立し、2006年4月1日から施行されました。施行内容についてのガイドラインも合わせて発表されています(『通訳案内士(ガイド)試験ガイドラインのポイント』はこちら)。

(注)2012年12月に『改訂通訳案内士(ガイド)試験ガイドライン』が公表されました。

ガイドラインでは、第1次試験の合格点・合格基準の変更、第1次試験免除者要綱の変更、
第2次試験の試験目標の明確化・試験時間の変更が示されました。変更後の、(1)外国語試験と、(2)日本地理・(3)日本歴史・(4)一般常識問題の特徴は、従来の第1次試験と第3次試験と基本的には同形式ですが、内容はよりバランスの取れた実践的なものとなっています。ここでは、第1次試験・第2次試験の全般的な特徴を簡潔にまとめておきます。

第1次試験 合格の条件

(1)外国語試験・(2)日本地理・(3)日本歴史・(4)一般常識の各科目毎に合格判定を行い、全4科目の合格をもって1次試験合格となります。他外国語で通訳案内士(ガイド)試験に既に合格している者は(2)〜(4)の3科目を免除。(1)〜(4)の4科目のうち3科目以下の合格者は翌年同科目の試験を免除。

第1次試験 (1)英語科目の特徴

改訂ガイドラインによると出題は次の5分野で、2013年度は、『英語』のみ、一部マークシート形式を導入予定。

  1. 〈外国語文の読解問題〉×2題(配点35点程度)
  2. 〈外国語文和訳問題〉×1題(配点15点程度)
  3. 〈和文外国語訳問題〉×1題(配点15点程度)
  4. 〈外国語による説明問題*〉×1題(配点20点程度)
    *あるテーマ、用語などについて外国語で説明する問題。
  5. 〈単語外国語訳問題〉×1題(配点15点程度)

第1次試験  (1)英語科目の合格基準

平均点が60点程度となることを前提に、合格基準点は概ね70点。2005年度以前の合格判定は相対評価で行われていましたが、絶対評価に変更されました。 2006年度より、英語試験は、実用英語技能検定1級合格者に関して免除が適用されています。

第1次試験 (2)日本地理・(3)日本歴史・(4)一般常識科目の特徴

日本地理→中学校及び高校の地理の教科書並びに地図帳をベースとし、地図や写真を使った問題を3割程度出題。
日本歴史→高校の日本史Bの教科書をベースとし、地図や写真を使った問題も出題。
一般常識→高校の現代社会の教科書をベースにしつつ、新聞(一般紙)に掲載されているような最近の時事問題や最新の『観光白書』に掲載されているような観光をめぐる主な動向を加味。

第2次試験の特徴

2006年より試験時間が1人あたり8分(2005年以前は5分程度)程度と長くなりました。受験者ごとに質問事項が大きく異なることのないような方法で実施され、訪日外国人旅行者が関心を持ちそうな事項について、実際のガイドの現場を想定したロールプレイング方式を中心とした試験となっています。 また、2013年度より以下の通り、試験内容が一部変更される予定。

  1. 試験委員が日本語で話す内容を受験外国語で通訳する。
  2. 受験生は、配布された3つのテーマが書かれたカードを基に、受験外国語でプレゼンテーションを行う。
  3. 試験委員は、2.の内容について受験外国語で質問を行い、受験生は受験外国語で回答する。
  4. 第2次(口述)試験で扱う題材は、日本の地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄のうち外国人観光客の関心が強いものとする。
  5. 評価項目は下記の通り
    1. (ア)プレゼンテーション
    2. (イ)コミュニケーション(臨機応変な対応力、会話継続への意欲など)
    3. (ウ)文法及び語彙
    4. (エ)発音及び発声
試験(英語)の合格率

こちらをご覧下さい>>