実践で役立つ日本の知識と英語力を~江口裕之よりメッセージ

担当講師の江口裕之(最高教育責任者)よりメッセージ


 ふだんの授業でも常々申し上げておりますとおり、私、そしてCEL英語ソリューションズの教育方針は、単に試験合格のためだけのその場限りの詰め込み型の受験勉強では決してなく、合格後にも末永く役立つ「日本事情に関する深い理解と洞察力」「どこに出ても通用する本物の英語力」を身につけることです。
 この教育理念はまた、CEL英語ソリューションズで過去学ばれた多くの受講生のみなさまから絶大なるご支持をいただくことで、さらにゆるぎないものになっております。

 来週開講の通訳ガイドコースでは、「新・英語で語る日本事情」「英語で伝えたいふつうの日本」などの書籍執筆、ならびにトラッドジャパン番組制作を通じて、パートナーのアットキンさん始め、NHKのスタッフとともに培い、学んできた日本事情と英語に関する知識を、みなさまにも最大限に共有していただけるために、さらに授業内容を進化させようと張り切っております。

 2017年度の通訳ガイド試験めざして、日本事情&英語を、楽しく一緒に学習してまいりましょう!

 まだまだ寒い日々が続いております。お風邪などお召しになりませんようになさってください。

CEL英語ソリューションズ
最高教育責任者 江口 裕之

江口裕之の「英語で日本を語る」授業公開


通訳ガイドコースの中で、江口裕之が英語で授業を行い、かつ受講生と英語で質疑応答を行う「日本事情コースVer.2~4」は、「日本に関することを英語で説明する」という通訳ガイド試験の特徴かつ醍醐味満載のコースです。
1次英語筆記試験と2次面接試験の両方の対策として有効な内容です。
また、通訳ガイド試験とは関係なく、英語を使って外国人と仕事をしたり、交流したりする際にも必須の知識と英語力が身に付きます。

《通訳ガイド日本事情コースVer.2》(講師:江口裕之)の授業の様子をサンプル動画にまとめていますので、ご覧ください。

サンプル動画を視聴する>>
eguch_samplevideo.png

また、他の授業も「インターネットオープンスクール」にて試聴できます。